オリックス銀行カードローン 法律

総量規制ってどんな法律なの?

キャッシングに大きく関係してくることに「総量規制」というものがあります。
なんだか難しい名前ですよね。
しかもあまり耳馴染みのない言葉です。
この総量規制は法律のひとつです。

 

数年前までは消費者金融業は盛んでした。
おかねを借りたい人があふれていて、需要と供給のバランスがとれていたようにみえました。
というのもお金を借りたい人は1円でも多い金額をキャッシングしたい、貸す方は1円でも多く貸したいといったバランスでした。
しかしながらそのバランスが崩れていき借りたい人は借りたいだけ借りるなどするようになってしまいました。
でも借りたお金が返せないという状況から自己破産をする人が増えたり最悪の事態を招いてしまう人が後をたちませんでした。
そこで国が「これではまずい」ということになり総量規制という法律をつくったのです。

 

おかげで希望の金額まで借りることができにくくなってきてしまうなどという嬉しくない物もできてしまいました。

 

総量規制とは
年収の3分の1までの貸し付け

 

ということなのです。
おかげで主婦はもちろんのことパートやアルバイトの人でも借りることができなくなってしまいました。

 

 

でもこれでは困りますよね。
どうしてもお金が必要なときってありますよね。
そこでそんな法律と関係がない機関なのが銀行というわけなのです。

 

 

主に銀行カードローンに使われており、ネットバンクのオリックス銀行もそのひとつです。
ということは主婦(パート・アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能)やパート・アルバイトしている人でも銀行カードローンでは借りることができるというわけです。

 

まずはキャッシングをするにあたってこの言葉を理解しておく必要があるのです。
借りるためには自分がどの状態に属するのかを確認した上で借りる機関を考えるということも大事なことのひとつです。