地方銀行のカードローン・大東銀行の特徴

地方銀行のカードローン・大東銀行のメリット・デメリット

東北地方福島県には福島銀行と大東銀行の2つの第二地銀があり、本店所在地は福島銀行が福島市で、大東銀行は郡山市です。なお、規模的には2行ともほとんど差がありません。大東銀行には「スマイルポケット」と「住マイルプラス」という2つのカードローンがあります。

 

●スマイルポケット
利用条件は大東銀行の営業エリア内に在住か、勤務していることで、パート・アルバイト、専業主婦、年金受給者も利用可能です。申込はホームページ、電話、FAX、店頭窓口から行えます。ホームページから申込む場合は専用の申込フォームに生年月日や住所、家族、連絡先などの「本人情報」、勤務先名や勤務先住所、業種、職種、年収などの「勤務先情報」、他社借入残高などの「借入情報」などを入力して送信します。

 

カードローン審査の結果が電話に入った後、本人確認書類などを持参のうえ店舗に行って契約手続きをします。なお、FAXを利用する場合はホームページから申込書をプリントアウトして送信します。

 

貸出限度額は500万円です。金利は同一金額帯に数パターンの金利が用意されており、審査によって適用金利が決められます。

 

利用限度額10万円以上100万円以下は10.0%・13.5%・14.0%、110万円以上200万円以下は7.0%・10.0%・13.5%・14.0%、210万円以上300万円以下は4.5%・7.0%・10.0%などとなっています。なお、利用限度額が200万円以上の場合は年収証明書の提出が必要です。

 

借入はATMから行いますが、大東銀行の他、ゆうちょ銀行やイオン銀行、コンビニのセブンイレブンのATMが利用できます。約定返済は毎月5日の大東銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高50万円以下が1万円、50万円超100万円以下が2万円で、以降借入残高が100万円増えるごとに約定返済額も1万円ずつアップします。

 

●住マイルプラス
大東銀行の住宅ローンを利用しているか、大東銀行を給与の振込口座にしている人専用のカードローンです。年収が150万円以上、勤続年数が1年以上(転職経験のある人は3年以上)であることが利用条件になっています。申込は住宅ローンや給与振込を利用している店舗で行います。

 

利用限度額は50万円と100万円の少額に限定されていますが、金利は両コースとも4.5%と非常に優遇された数値になっています。なお、変動金利であるため、毎年6月と12月に新しい金利が適用されます。

 

借入はATMを利用し、約定返済は毎月5日の大東銀行口座からの引き落としです。約定返済額は借入残高が50万円以下の場合に1万円で、50万円超100万円の時は2万円です。任意返済としてATMからの入金もできます。